アコス防振フロアーシステム AVS-L

既存防振床の弱点を克服した画期的システム

アコス防振フロアーシステムAVS-L 写真「アコス防振フロアーシステムAVS-L」は、当社開発の立体駐車場などの機械防振に使用されている「アコス防振システムAVS-L」の特殊技術が生かされています。
集合住宅などの高層建築における床衝撃音対策や、スタジオ・音楽練習室などの防振防音対策用に開発されました。

従来工法の問題点

アコス防振フロアーシステムAVS-L 写真高層建築では高さ制限やコストなどより、1フロアーの階高ができるだけ低くなるように、一方で居住性から室内の天井高をできるだけ高くしたいと設計者は考えています。
したがって、RC直に天井や床を仕上げる工法が多くなっておりその結果、当然音響性能が低下するため苦情も多くなっています。
床に配管などがある場合に簡単な従来のユニットフロアーなどを使用すると、かえって悪影響を及ぼしスラブだけよりも音響性能が低下する場合があります。
従来の防振ユニットフロアーは、防振ゴムの硬度が高くて性能が良くなかったり性能をあげるために硬度の低い(柔らかい)ゴムを使うことで、歩行時に違和感が生じ、家具などが傾いたりぐらぐらしたりするなどの問題が非常に多いものでした。
さらに、床衝撃音対策だけのもので、外部からの騒音や機械振動、列車などの振動対策には対応できません。

これらの問題の改善策、それが「アコス防振フロアーシステムAVS-L」

まず音響性能と天井高、床の問題。この課題に対して「アコス防振フロアーシステムAVS-L」は、スラブ同等以上の音響性能を確保でき、床の高さ(床構成材の厚み)も120mm程度で済ます。さらに、外部からの振動・騒音に対しても有効な防音浮床を構成。快適な居住空間を実現できる防振フロアーシステムです。
とくにスタジオや音楽練習室、ピアノ室、カラオケ室など、高い性能を必要とする浮床には最適です。

アコス防振フロアーシステムAVS-Lの特徴

1.上部加荷重の大きさに関係なく変位量を設定でき、上部加荷重が軽量でも固有振動数を低くできるため、良好な防振効果が得られる。
2.浮床を構成する鉄骨などの軸組が不要のため、床にかかる荷重が少なくてすみ、これらにかかるコストが削減できる。
3.現場作業が簡単で工期が短縮できる。

アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用方法

アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用方法 図面
アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用方法 図面

アコス防振フロアーシステムAVS-L 施工例

拡大表示

アコス防振フロアーシステムAVS-L 施工例 図面
拡大表示

アコス防振フロアーシステムAVS-L 施工例 図面

アコス防振フロアーシステムAVS-L 標準仕様

AVS-LS 長さL 品番 防振ゴム 許容荷重
アコス防振フロアーシステムAVS-L 標準仕様 図面 2000mm AVS-L2000S 4カ所 400kg
1400mm AVS-L1400S 3カ所 300kg
800mm AVS-L 800S 2カ所 200kg
600mm AVS-L 600S 2カ所 200kg
450mm AVS-L 450S 2カ所 200kg
200mm AVS-L 200S 1カ所 100kg
AVS-LL 長さL 品番 防振ゴム 許容荷重
アコス防振フロアーシステムAVS-L 標準仕様 図面 2000mm 2000L 3カ所 2000kg
1130mm 1130L 2カ所 1000kg
800mm 800L 2カ所 1000kg
600mm 600L 2カ所 1000kg
450mm 450L 2カ所 1000kg
260mm 260L 1カ所 500kg
AVS-LSS 長さL 品番 防振ゴム 許容荷重
アコス防振フロアーシステムAVS-L 標準仕様 図面 2000mm AVS-L2000SS 4カ所 400kg
1400mm AVS-L1400SS 3カ所 300kg
800mm AVS-L 800SS 2カ所 200kg
600mm AVS-L 600SS 2カ所 200kg
450mm AVS-L 450SS 2カ所 200kg
200mm AVS-L 200SS 1カ所 100kg

アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用例

遮音間仕切り壁の防振支持として使用した例です。

アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用例 写真アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用例 写真
アコス防振フロアーシステムAVS-L 使用例 写真

このページのトップへ ▲